エンタメ

原泰久(キングダム作者)の元アイドル彼女Aは小日向えり?週刊文春語る泥沼の四角関係

最近小島瑠璃子さん(こじるり)との熱愛が報じられているキングダムの作者原泰久さんですが、週刊文春より実はその前に付き合っていたAという人物がいるという情報が出ました。

相手は元アイドルで今年の春にすでにアイドルを引退。

現在は一般人ということですが、キングダム作者原泰久さんとお付き合いをしていたという元アイドルAが歴ドルの小日向えりさんではないか?と噂になっています。

この記事ではそんな元アイドルAの正体について迫っていきます。

週刊文春語る原泰久(キングダム作者)の泥沼の四角関係

2020年7月に小島瑠璃子さん(こじるり)との熱愛が報じられたキングダムの作者、原泰久さんですが、

2020年8月26日に小島瑠璃子さんとお付き合いする前に実は別の女性と付き合っていたことが報じられました。

その相手というのが、元アイドルのAさんで、小島瑠璃子さんと原泰久さんの報道があったその日のSNSには以下の内容の投稿をツイート。

『許せないことがあった』『5日間、食事ができない』

このAさんについて週刊文春は以下のように発表しています。

「元アイドルのAさんは10代から大手芸能事務所に所属。テレビの仕事を通じて、原氏と親密な関係になりました。2年ほど前から本格的な交際に発展したと聞いています。当時、原さんには奥さんがいましたので不倫ということになります」

まとめると、

当時奥さんがいた原泰久さんと元アイドルAさんは不倫関係となった。

 

三角関係だったところに小島瑠璃子さんが入る(この時期は不確か)

 

7月31日に小島瑠璃子さんと原泰久さんの熱愛が報じられる。

↑この時には原泰久さんは奥さんと離婚していることが判明。

この熱愛報道に対してAさんは『許せないことがあった』とツイートを投稿。

原泰久(キングダム作者)の元アイドル彼女Aは誰?

そこで気になってくるのが、この元アイドルAさんという人物が誰なのか?というところ。

  • 2020年春に芸能界を引退
  • 付き合っていた当時婚約者がいた
  • 10代から大手芸能事務所に所属

そこで名前が上がっているのが、小日向えりという人物。


小日向えりさんは歴ドル(歴史アイドル)として活動していた方で、キングダムの作者原泰久さんともNHKの『高校講座 世界史』などの番組で共演しています。

ヤングジャンプで「キングダム」連載中の原泰久先生にお誘いいただき、あつかましくも参加しちゃいましたアップ
NHK「高校講座 世界史」や、ソーシャルキングダムでお世話になりました。

取材の日以来、お会いした原先生。
誠実でとっても優しく、謙虚で志の高い…本当に素敵な方!
尊敬ですキラキラ

小日向えりさんのブログ記事はこちらから飛ぶことができます。

2020年5月21日、自身のブログにて5月末をもってサンミュージックを退所し、芸能界からも引退することを発表。

「いつも応援してくださっているみなさんに、お伝えしたいことがあります。急なお知らせで、驚かせてしまうかもしれませんが私、小日向えりは、芸能界を引退いたします。

所属事務所のサンミュージックは2020年5月末をもって、退所となります」

ちなみにTwitterは現在鍵をかけていることから、過去のツイートなどを見る事はできてません。

小日向えり Twitter
過去のキャッシュを見てみると…

 

小日向えりのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

… 昨日の、愛媛県歴史文化博物館主催の、 れきはく市・どんぐりマルシェで💕 歴史アイドルの小日向えり様に、 アクセサリーをお買い上げ頂きました💕‬ NHK高校講座 日本史のMCもされています💕 . . あまりの美人さんで、 私は、おばちゃん弾丸トークと、ガン見にも関わらず、素晴らしい神対応✨ えくぼが可愛く、スレンダー美女で、横浜国立大卒だなんて✨ 歴ドルという肩書には勿体ないお方でした✨ . . . 小日向えり様のInstagramは❤️ @erikohinata えり こひなた . . Twitterは❤️ @erikohinata でされていらっしゃいます✨ . . 選んでくたさったのは、 🔵セミロングネックレス(在庫1) 🔵ミンクファーイヤリング*スモーキーピンク(sold out) 🔵イヤリング*ピーコックグリーン(sold out) 🔵ピアス*ネイビーブルー の4点でした♬ . . . . 🔴小日向えりさんの画像は、奈良新聞と、NHK高校講座日本史と歴博のプライヤーよりお借りしました♬ . . . . . . . . . . . ‪#小日向えり#歴ドル‬ ‪#歴史アイドル‬ #ヴィンテージアクセサリー #ハンドメイドアクセサリー #アクセサリー作家#愛媛のイベント#ディスプレイ #moco_plus_accessory #ハンドメイドイベント#ハンドメイドマルシェ #アンティーク好きな人と繋がりたい #アンティーク好き #ヴィンテージ好き #ヴィンテージ好きな人と繋がりたい#愛媛マルシェ #ヴィンテージアクセサリー作家#城下のまちびと #愛媛県歴史文化博物館 #五人の手仕事展#宇和#宇和島#大洲#愛媛イベント#nhk高校講座 #ehime#アンティーク雑貨 #城下のmachibito#八幡浜#八幡浜みなっと ‪

ヴィンテージアクセサリー作家 moco+(@moco_plus_accessory)がシェアした投稿 –

名前 小日向 えり(こひなた えり)
出身 奈良県
生年月日 1988年1月17日
年齢 現在32歳
身長 166cm

・2008年5月からイベント「三国志の宴3」で「歴史アイドル」として出演(当時19歳)。

初の「歴ドル」として活動を始めます。

・2010年3月に在籍していた横浜国立大学教育人間科学部マルチメディア文化課程を卒業。

・2012年4月〜2014年3月 NHK高校講座 世界史 MCを担当。

ここでキングダムの作者原泰久さんと一緒に番組に出演しています。

・2017年7月に株式会社ぴんぴんころり設立代表取締役役就任

・2020年5月21日、自身のブログで大手事務所サンミュージックを退所することを発表。それと同時に芸能活動の引退も発表しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

「マネージャーさんにも、ずいぶん、わがままを聞いてもらっていて、だんだんと申し訳ない気持ちが募っていきました。 親不孝ならぬマネージャー不幸というか… 起業を許してくれる事務所なんて、なかなかないと思います」と感謝する。 「私が息切れ状態のときに、家族のようなサンミュージックにあたたかく迎えていただき、それから人生が好転していったように思います。 本当にサンミュージックに入れてよかった。 感謝の気持ちでいっぱいです。 社長にも、最後の最後まで『籍だけ残しておいて、休業にしたら? 親心として』と思いやりの言葉をいただき、胸が痛かったし、正直揺れました」と吐露しながらも「背水の陣ではありませんが… 中途半端にせず、潔く、終わりたいと思いました。 大好きなお仕事だったからこそ、半端な覚悟で、決めたことではなくて。 私が芸能界に戻ることは、二度と、ありません」と決意を新たにした⬅️記事引用 おはようございます🙋‍♂️ 昨夜入ってきたニュース🖥️ 歴ドル小日向えりさん👩芸能界引退ですか😭 彼女を知らない方もいらっしゃると思いますが、Eテレでかなり以前から日本史などの高校講座に出演されていて、高校に上がる前の娘とよく視聴してました📺 彼女、横浜国大出身だったのは知らなかったですがね👩‍🎓 趣味が史跡巡り🏯とか武将の墓参りとか、若い人にしては珍しいなって当時から思ってました😀 人間学から紐解いた歴史上の人物への想いを伝える事。 大変であり楽しく、でも大変でしたでしょう。 けれどその想いを突き抜けて新しい道を見い出した彼女はとても素晴らしく立派なことだと思いました📣 そんなえりさん👩 芸能人だけあってとても可愛らしく、でも若いのに浮わついたところもなく知的で聡明でしっかりされた方という印象を受けていました👍 お世話になった方々への感謝に後ろ髪を引かれつつ、ご年配の方へのお世話をする会社に専念する。 武将のように潔く迷いなく、彼女らしい門出を応援したいです🤣頑張れ📣📣 #小日向えり #歴史アイドル#歴女 #芸能界引退 #17年間お疲れ様でした #子育て世代がたよる新時代のご家庭サポートサービス #東京かあさん #人間力 #それに年齢は関係ない #潔い行動にリスペクト #一歩踏み出す勇気をもらった

hiro-bay(@bayhiro2020)がシェアした投稿 –

原泰久(キングダム作者)の元アイドル彼女Aは小日向えり?週刊文春語る泥沼の四角関係:まとめ

原泰久さんがこじるりと交際する前の恋人について調査しました。

お相手である元アイドルAさんは以下の情報から歴ドルの小日向えりさんである可能性が非常に高いことがわかりました。

  • 10代で芸能活動スタート
  • サンミュージック所属
  • 2020年5月に活動を引退

小日向えりさんも小島瑠璃子さんも、おそらくきっかけは番組共演から。

非常に人気な漫画家ではありますが、なぜここまでモテるのでしょうかね。